クレアチンってなに??

○クレアチンとは

 

クレアチンは高強度の運動、トレーニングにおいて

より強いパワーを発揮することができるものです!

私たち人間のい身体にはATP(アデノシン三リン酸)というものが存在し、このATP

普段の生活のエネルギーを生み出しているのです。

 

そしてこのATPには

糖、脂肪を原料として合成されるのですが

高強度の運動の際にはクレアチンリン酸(CP)というものがATPを作るのです!

このクレアチンリン酸が多ければ多いほど

より強くのATPを作ることができるので

より強いパワーを生み出すことができます!!

 

クレアチンは主に、牛肉や魚に含まれているのですが

クレアチンの量を食べ物で増やすには

とても大変です。

ですので、ここでクレアチンのサプリを摂取するのです。

 

○クレアチンの働き、効果

クレアチンが働く場面としては

50メートル走、100メートル走、垂直跳びや筋トレの1rmMAX測定

投手、打者の動作

いわゆる30秒以内の無酸素運動(ATP-CP系)の際に働きます。

体内のクレアチンレベルが高いと、上記のタイムや

MAXが大幅に改善されるのです。

例えば、スクワットのもう1repができたり

スイングスピードが速くなったりします。

クレアチンは100%の能力を120%まで引き上げてくれるのです

このことを

エルゴジェニックエイド

といいます。

何を言うてまんねん、と思いうかもしれませんが

これ本当です!

 

ピッチャーがクレアチンを飲むことで、最大筋力が増し

球速が上がる

このことによって、今までインコース際々のええ球をホームランにされてたのが(バッターなかなか上手い笑笑)

詰まらせてレフトフライにすることは可能です!

逆にバッターがクレアチンを飲むことによって

今までインハイのライズボールを差し込まれていたのが

芯でとらえてホームランにすることも不可能ではありません!

でも、クレアチンに頼りすぎず練習はしっかりしましょうね(笑)

 

 

○クレアチンの摂取方法

クレアチンの効果をしっかり出したければ

一日にだいたい3~5g摂取するべきです

しかし、クレアチンは吸収性が重要になってきますので

クレアチンの吸収がよくなるタイミングである

・食後

・トレーニング後(ポスト)

に小分けにして飲むと良いでしょう。

これを1か月続ければ、体内のクレアチンレベルがMAX

になるので、続けることが重要です!!

1か月続けたからと言って、

「もう、飲まんでええか~」

それはやめましょう!またもとに戻ってしまします。

最初の1か月間のローディング期間が終わったら

それ以降のメンテナンス期間も大事です。

 

○トレ後、食後が良い理由

クレアチンが細胞内に運ばれるためには

インスリンの役割がめちゃめちゃ重要になります。

このインスリンがクレアチンを体内に運んでくれるのですが

インスリンが働く場面としては

糖質が体内に入ってきた時です。

この糖質が体内に入ってくると

体内の膵臓からインスリンが分泌され

各細胞に糖を送るようにしているのです!

そのインスリンの分泌が高まっているときに

口に入れてやったらいいのです(^-^)

そしてトレーニング後も

筋肉が収縮されている状態で

その収縮されてる状態は吸収されやすいので

プロテインと一緒に口に入れてやってください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です