「バッティングの飛距離を伸ばすなら下半身だ。」

と僕は子供の頃から地元のおっちゃんやコーチに

言われてきました。

 

僕が大学生になり、下半身の筋トレを取り入れて

それがバッティングの飛距離アップにつながるというのは

実感しましたが、

僕が高校の時に先輩に言われたのがきっかけでやった

上半身の筋トレも

バッティングの飛距離アップにつながるということも

実感しました。

 

今回は題名の通り

「バッティングにベンチプレスは必要か?」

について書いていきます。

 

「胸筋をつけたら打てなくなる」は大嘘

昔から僕はこう言われてきました。

 

「胸つけすぎたら打たれへんなるで」

「インコースさばかれへんなるで」

 

正直に言いますと

ベンチプレスでつけた胸筋は

打てなくなるとか

インコースさばけなくなるとか

全くの嘘です。

これは僕が自信を持って言えます。

ベンチプレスを始めて7年経ちますが

今まで打席で一度も邪魔と思ったことがありません。

 

大胸筋を大きくするのに必死に筋トレしても

邪魔になるほど肥大しません。

プロ野球かなにかで

大胸筋をつけすぎたら邪魔になる

というエビデンスがあれば話は別ですが

そんな証拠すらもないのに

「インコースさばかれへんくなるで」

て誰が言ったのでしょうか?

 

因みにバッティングのインパクト時における

筋電図では、上肢では大胸筋が一番筋出力されてるというデータはあります。

 

ベンチプレスはやったほうがむしろ良い

これはあくまで僕の経験上ですが

 

高校1年生より2年生、2年生より3年生と

年々ホームラン数はベンチプレスの挙上重量と共に

増えました。

もちろん身体が成長する時期でもあるので

それらも関係していると思いますが。

 

でも、その中で特に何が変わったかというと

 

バットで詰まらされたときの長打率です。

バットの芯で捉えたときの長打率やヒットの確率というよりも

バットの芯から外れた部分での

ヒットの確率や長打率がすごく上がりました。

 

通常インコースで差し込まれると

ファウルになったり

跳ね返せても内野ゴロになってしまう確率が高いです。

 

そこでいかに詰まらされた時にどこまで跳ね返すことができるかが勝負のポイントです。

詰まった時に跳ね返すのに必要な筋力は

地面に対して並行方向でのプレス動作で発揮する筋力になります

その動作で使われるのは、大胸筋と上腕三頭筋。

そうです、まさにベンチプレスです。

右バッターなら右側の大胸筋、左バッターはその反対です。

 

 

特に野球と比べてソフトボールはボールが大きく

ピッチャーが投げる球は重いです。

 

ソフトボールがいかに”重い”かを確認するために

リンクを貼っています。

【一枚のガラスに153km/hの硬式ボールを投げても割れないのに対し、103km/hのソフトボール(革ボール)で簡単に割れてしまう】↓↓

動画を観ていただいたら分かるように

これだけソフトボールは質量が大きいんですね。

 

でも、ベンチをやればそんな重いボールなど

関係ありません。

 

ソフトボールは詰まっても放り込める

ソフトボールだからと言って諦めてませんか?

筋トレしてパワーをつけると

軽く振っても柵は余裕で越えれるんです。

 

どん詰まりでも放り込めるか言われたら

流石に限界があるかも知れませんが

 

今までピッチャーゴロだったのが

内野を超えてヒットにしたり

詰まって外野フライだったのが

ホームランにすることも全然可能なんです。

動画を観ての通りソフトボールは「ズシッ」ときますが

ベンチプレスをやって跳ね返す力がついてくると

打率、長打率、また打点も増えて

あなたがチームの勝ち負けを決める大きな1打を

打てる確率だって上がるといっても過言ではありません。

 

それだけでなく

インコースを芯で捉えて

せっかく「もらった!」と思って打った打球が

巻いてファウルになってたのを

あえてバットの根本の部分で捉えて

フェアゾーンに入れたり

なんならそのまま柵越えかってできちゃいます。

前で捉えてファウルになってたのを

あえて身体の近くまで待って芯で捉えて、

巻いてファウルにならない綺麗な一直線の打球を打つことができ、

ホームランにすることもできます。

人よりボールを近くまで呼び込めて

選球眼も良くなり、フォアボールも稼ぐことができるんです。

 

 

ベンチとバッティング、まとめ

最後に今まで書いたことをずらっとまとめると

〇胸筋が邪魔になって打てないというのは大嘘

〇今まで差し込まれてアウトになってたのが、跳ね返す力がつくとヒットやホームランにできる

〇人よりボールを長くみることができ、選球眼が良くなる。フォアボールも増える。

〇詰まった時の跳ね返せる力がつく

〇今まで前で捉えてファウルにしてたのが、身体の近くでさばけることができ

フェアゾーンに入れることが出来る。

 

この5つは、僕が実際に結果として出たものです。

高校生のあなた、今からでも始めましょう。

パワーに自信がないあなた、パワーをつけたいあなた、

とりあえずベンチやってみては?