バッティングの飛距離を伸ばそう!引っ張りならDead lift 逆方向ならSquat【011】

前回、詰まったときは

胸筋で持っていけ!!

とお話ししましたが、

みなさんも知っているかと思いますが

バッティングは胸筋だけではありません。

バッティングは、下半身がほんまに大事なんです!!

 

ながい年月を経て、昔は前で打てと言われていたのが

今は、近くでさばけ!だとか

ダウンスイングじゃなくてアッパー気味のほうがいい

だとか

時代によって、めちゃめちゃ変化(進化)つつあります。

しかし、下半身が大事や!!

というのは

今でも変わらん気がします。

そうです

バッティングは

なんやかんや言うて

下半身なんですよ!

僕が実際に下半身の筋トレを本格的に始めたのが

大学3回生の頃で

それをやりだしてから

バッティングフォームがめちゃめちゃ変わりました!!(いい意味で)

そして4回生の頃には

逆方向のホームラン量産しまくりました

これほんまです。

因みに3回生にDead lift を始めて

3回生の11月にSquat を始めました。

今ではこの2種目が一番好きで

Squatを軸に

スケジュールを組んでるぐらいです笑

Dead Lift は引っ張っりのときに効果がある

 

もちろん逆方向にも効果があるんですが

特に引っ張りのときに効果がでます。

理由は

逆方向よりもハム、ケツの筋肉が働くからです。

引っ張るときの下半身の動作は

流し打ちよりも体の軸が回転します。

軸や腰を回転することによってバットの遠心力でボールは飛んでいきます。

さらに下半身の後ろの筋肉(ハムストリング、大殿筋)が強いと

それらの筋肉で押し込める、

より跳ね返せるので、より遠くに飛ばすことができます。

Squat は逆方向に効果がある

逆に、逆方向に打球を飛ばす場合

引っぱりよりもあまり回転動作を行いません。

なので引っぱりよりも打球は衰えるので

下半身の筋力が必要になってきます。

スクワットをすることで、デッドリフトよりも

多くの筋肉を鍛えられるので

逆方向の飛距離はとてつもなくupします!!

スクワットは大腿四頭筋群が主動筋で

下半身全身使います。

従って、この両方をしっかりと行えば

センター方向の打球が

めちゃめちゃ伸びるはずです。

広角打法になりたければ下半身の筋トレ!

どうしても開くのが早い人。

引っぱりの打球が一番飛ぶ人。

プルヒッターの人

流し打ちが不得意な人

逆方向の打球を飛ばしたければ、

また、その飛距離を伸ばしたければ、

Squatしてください!!

もとから逆方向が得意なバッターもいますが

決してそのバッターがずば抜けて下半身強い!

というわけではありません。

ただ右バッターでライト方向に放り込めるバッターは

ほんまに一流だと思います。

 

ではプルヒッターはなぜプルヒッターなのか

一番の理由は

インパクトの部分がやや前気味にある

ということだと思います。

要は、素振りをするとき

「ブンッ!」て鳴る位置が前にあると

それはプルヒッターです。

なので、アウトコースがきても前でさばいて

レフト方向へもっていくんですね。

アウトコースのギリギリは

片手で拾うかカットするかで精一杯です

なぜなら、「ブンッ」てなる位置がもとから前なので

プルヒッターは逆方向へのパワーの伝え方が

あまり分かりません。

でも、プルヒッターは

インコースがめちゃめちゃ得意です

これは超一流です。

だからプルヒッターは、ホームベースに近づいて立つんですね。

 

そこでスクワットです!!

めっちゃ単純に言います

スクワットをすれば広角打法になれます

 

スクワットをやり続けながら、練習や試合で打席数をこなすと

これが面白いことに

日に日に引っぱり癖が治ってくるんです

そして気づけば

知らん間に、逆方向に放り込んでるのです

不思議なことに

 

なんででしょうか?

 

実は、スクワットでだんだん強くなってきた下半身が

徐々に、逆方向への打ち方の動作にしてくれるんですね。

今まで腰回転だけでスイングしていたのが

スクワットで脚が強くなることにより

大腿四頭筋で開きを抑えれる

大殿筋(ケツ)で逆方向に押し込めるパワーがついてくる

そうなんです、下半身が強くなれば

いい意味で腰回転と連動して下半身が働くんですね

それと当時に

今までインパクトの位置が前だったのが、だんだん後ろになってくるんです

面白いですよね

そして一番打球の飛距離が飛ぶ方向が

センター方向になれば

Veryyyyyyyy Goodです

最後に

スクワットをやってるからってスイングをさぼるのはよくないですよ!笑笑

バットはいつも通り振り続けましょう。

スクワットは広角に打てるようになるだけでなく

跳ね返すパワーがつくので

よりボールを身体の近くまで呼び込むことができます

それにより選球眼が良くなります

フォアボールをたくさんとれて、三振が減るのです

みなさん

スクワットしましょう!!!!!٩( ”ω” )و

 

ぺーた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です