肩のメインセットはバーベルでやるかダンベルでやるか

 

 

こんにちは~~!

今回はダンベルで筋トレするのと

バーベルで筋トレするのと

どう違うかについて

書いていきたいと思います。

安全面

まずダンベルとバーベルそのものの違いは

ダンベルの方が、バランスが不安定になり

バーベルの方がダンベルより安定します。

 

肩のトレーニングは安全面で考えれば

バーベルのトレーニングをおすすめします。

なぜなら、バーベルが肩関節の可動域を超えないからです。

ダンベルは、バーベルより、より軌道を重要視しなければなりません。

従って、

スポーツ選手は、ほとんどの人がバーベルでトレーニングしています。

もしダンベルでトレーニングしてるときに

誤って身体の後方にダンベルが倒れてしまったら

肩のケガにつながってしまいます。

めちゃめちゃ危ないです。

これらの理由から

僕はアスリートにはバーベルを推奨します。

そして種目によっては、バーベルの方が

身体全身を使って、バランスが必要とされることと

(プッシュプレス、オーバーヘッドプレス)

ダンベルよりも技術が必要とされます

そういう意味も含めて

アスリートはバーベルでトレーニングする方が

良いと思います。

 

 

効果の違い

どちらも肩のトレーニングなので、

肩に負荷はしっかり乗りますが

僕的に強くなりたいのならバーベル

デカくしたいのならダンベル

ですかね。

ぼくが今までやってきたトレーニングを言うと、

基本、肩はバーベルからやり始めました。

バーベルでオーバーヘッドプレスを

メインセットに持ってきて

その後にアップライトローやサイドレイズを

やったりしていました。

重量は確実に伸びましたが、ダンベルメインでやっている

トレーニーほど、肩はデカくなりませんでした。

逆にダンベルでメインセットを組んでるトレーニーは

デカくなりましたが、僕ほど強くはなってませんでした。

 

でももちろん、どちらにしろデカくなって

強くなりますが、

”強さ””重量”を求めるのなら、

バーベルをメインセットに持ってくるのが

ベストではないかな、と

僕は思います。

 

因みにビルダーやフィジーカーは

ダンベルを使ってはりますね!

もちろんバーベルやスミスマシンを使うトレーニーもおられますが、

ボディメイクを目的とするトレーニーのほとんどが、

ダンベルでのトレーニングを好んでいます。

(バーベルよりもダンベルでプレス)

因みに、ストロングマンはダンベルでプッシュプレスもしますね。

 

あと、僕的に、ダンベルのほうが

肩に負荷が乗りやすいと

思います。

特にベンチに座って行う

ダンベルショルダープレスは

無駄な体力を使わないので

肩を集中的に追い込むことができるだろうと思います。

 

最後にまとめると

サイズアップ優先なら、ダンベル。

パワーアップ優先なら、バーベル。

以上です!

 

 

ぺーた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です