はいどうもこんばんは~~

 

今日は久しぶりに

ソフトボールと筋トレについてお話します!!

今、筋トレの需要がめちゃめちゃ増えてきています。

でも、その中で

思いっきり筋トレしたくても

監督や先輩らに

あんまするなよ~

と言われたりすると思います。

なんでか。それは

鍛えすぎたら良くない、という

明確な理由やそのデータも何もないのに

そのような言葉が世に根付いてるからです。

「いやいや俺はしたいねん、ほっといてくれ」

て僕は思ってましたけどね~

 

ではでは本題に入りたいと思います。

ソフトボールでは筋トレしすぎたら

パフォーマンスに支障でるの?

について答えます。

ずばり、

ものによります

いや全然ずばりちゃうやんけ、てね

すいません。

それでは細かく見ていきましょう~

※この記事は、この筋トレをしても弊害がないよ、という観点から書いています。

思いっきり筋トレをしてデカくしたい選手に向けて書いてます。

 

ピッチングと筋トレ

ピッチャーはトレーニングをすることにより

球速が上がったり、より制球力が身に付いたりと

ピッチングパフォーマンスを上げることが出来ます。

でも鍛え方や鍛える種目によっては

ピッチングパフォーマンスを低下させる

種目はもあります。

それでは、何が良くて何が良くない(しないほうが良い)のか

ずらっと書いていきたいと思います。

 

〇やるといい種目

下半身のトレーニング。

特に、スクワット、デッドリフトはもってこいです。

上半身は

手首、握力、上腕二頭。

〇やっても弊害にならない種目

胸の種目

〇やらないほうがいい種目

肩、上腕三頭、僧帽筋、背中

 

僕がピッチャーとして

一番ピッチングにいい影響を与えた種目が

下半身トレーニングです。

そして次に

握力の強化です。

 

逆に、

ピッチングに悪い影響を及ぼしたのが

肩や広背筋です。

しなやかさがなくなってしまったんですね(^^;

広背筋がデカなってしまったら

ブラッシングで邪魔になってしまいます笑笑

ただ高校の時は全く問題なかったです。

大学に入って、だいぶ筋肉も成長してデカくなってきてから

徐々に弊害がでましたし、あとちょっとスタミナも減りました笑笑

ですので、ピッチャーは肩まわりや

背中をデカくするのは

やめといたほうが良いと思います。

でも、海外の選手は

腰や下半身を使わずに投げるピッチャーがいます。

そういうピッチャーはベンチプレスが強いと聞きます。

僕もしなやかさは全く無かったですが

大学4回生の夏でライズボールで120km/h

でたので問題はないと思います。

ただ、そこまで筋トレしてなっから、

もっと球は速くなってたと思います。

多分ね、笑

バッティングと筋トレ

ズバリ言います、

どんどん鍛えてください。

全く問題ありません。

よく、「ベンチプレスして胸をつけたらインコース打てなくなる」

ていうよくわからない言葉が飛び交ってるのですが、

全く邪魔になりません。

逆にインコースに強くなります。

元プロ野球選手の城島さんを見習ってください。

おそらくあの時代の野球界では

一番胸板あったのに

プロ野球界で一番インコース強かったでしょ?

しかも詰まっても放り込むという

恐ろしいパワーをもってる持ち主なんです。

 

僕も高1からベンチをはじめ、

最初の頃はベンチをメインに日程やメニューを組んでたぐらいの

『プレッサー』

一番大胸筋が発達してるのに

一度も邪魔になったことありません。

逆に詰まっても放り込めるという

特典付きですよ!!!!

スラッガーの人、ガンガンやってください。

とくに、スクワットとデッドリフトは最強です。

ではこのへんで~~(^^)/

 

最後に

本当に、「これ邪魔やな」て感じてきたらほどほどにしてくださいね。

 

 

ぺーた