高頻度スクワットを初めてから

7週間弱が経ち

今日で12回目になりました。

そしてニースリーブを装着してから

3回目のスクワットになります。

 

今日はそのニースリーブを履いて気づいたことと

自分のフォームについて話していきたいと思います!!

 

前々回の記事でも書きましたが

ニースリーブを履いたことにより

ボトムが軽くなり、

切り返しのスピードが速くなりました。

 

でもそのおかげで慣れない感覚にフォームが崩れ

「フォームを変える必要があるのではないか?」

と悩んでいましたが

今回のスクワットで色々と気づいた点がありました。

 

今までのフォームは捨てるべき

決して誰もが

ニースリーブなしと、ありとで

フォームを変えないといけないわけではないですが

僕のフォームは、変える必要がありました。

 

今までのフォームの悪いところは

バーの重心が基本前にあったことです。

この【重心が前より】ということが

実はめちゃめちゃデカい「ミス」だったんです。

どこのタイミングで重心が変わったのか分かりませんが

いつのまにかちんちくりんなフォームになってたんですね。

 

僕は昔から膝が優位に動くタイプだったんですが

膝がつま先より前に出たくなかったんで

ケツを意識してやってました。

 

最初は上手くいってたんですが

知らないうちに

ちんちくりんフォームになってしまって

それが悪化してしまい

骨盤の後傾もひどくなって

最近は毎回なってました、、、

 

なんでかというと

ケツで挙げることを意識しすぎて

バーの重心が前に倒れ

そのせいで上半身も前かがみになってしまってたからです。

でもこれも前から分かってたんですが

どうすれば修正できるのかずっと試行錯誤してました。

 

で、なんで今回「今までのちんちくりんフォームを捨てよう」

と気づくことが出来たのか。

それは

この

ニースリーブちゃんが教えてくれたんです。

 

ニースリーブがフォーム改善を教えてくれた

今回のニースリーブ装着で

僕の悪い癖が

あからさまにでたんです。

ちょっとした悪い癖の

”バーの重心が前より”てだけで

ボトムの切り返しで

余計に前かがみになってしまったんです。

 

なんでかというと

ニースリーブはボトムで瞬時に切り返してくれる役割を持ってるからです。

そのおかげで腰から下が先に立ち上がって

バーがちょっとしか上に挙がってないとう

なんとも危なっかしいフォームになったんです。

 

これがそのときのフォームです

1枚目から2枚目を見れば分かるように

ニースリーブによる反発により

先に膝とケツが立ち上がってるのですが

ニースリーブの反発に上半身がついていけず

本来肩も同時に挙がらないといけないのに

その場でバーに”負けてるんです”

その結果3枚目の写真で、

骨盤後傾と、膝が前にでてしまい

腰と膝に大きな負担がかかってしまってるのです。

 

これを修正するためにどうしたか。

そこで思い出したのが

今までのスクワットで意識してきたうちの一つである

もっと肩甲骨を寄せて、胸を張って肘を高く保つというのと

今回初めての発想なんですが

一層のこと後ろに倒れる勢いで立ち上がってみよう

というように考えてみました。

要は真上ではなく

やや後ろ上を目指して立つように意識したんです。

 

それを意識したスクワット(2セット目)がこちら

   

後ろに倒れるのを意識して、やっとこさ普通のスクワットができたって感じです😅

でもこの方がしっくりくるし

今までの”無理して立ち上がる”ていう感覚もなく

スムーズに上がれた感じがありました。

これからこれを意識してやっていこうと思います!!

 

 

前回のスクワット投稿の

【~スクワット日記~大きな発見】

では、

ボトムで焦って早く立とうとせず

伸張反射とともに同じタイミングて立ち上がる

と話しました。

でも、この意識のままニースリーブつけてしまったら

ニースリーブ効果で

これはこれでまた崩してしまうので

 

これもこれでタイミングと練習が必要になってきます。

 

 

今回もいい勉強になりました(^^)/

 

因みに今回は

185kg/2 165kg/5 160kg/6

でした~

高頻度スクワットはまだ続きます!!

 

 

そしてもし良かったら

インスタの方も(トレーニングアカウント)

よろしくお願いします!!

👉www.instagram.com/eita_australia