突然ですが

この前ツイッターをみてたら

たまたま「The static monsters」という

ストロングマンの大会を発見しまして

どんな内容かな~と思ってみてみると

なかなか面白そうだったので

参加することにしました!!

 

The static monsters とは

 

The static monsters とは

2018年10月28日に

世界15か国で同時開催される大会で

ログリフトとアクセルデッドリフトの合計挙上重量を競います。

各ウエイトカテゴリーtop10のアスリートは

2019年オーストリアでのファイナル進出の権利を

得ることが出来ます。(オーストラリアではない笑)

 

 

日本にいながらアメリカやオーストラリアなどの

海外アスリートと戦える機会はなかなかないし

 

トレーニング関係の大会は

出たことがないので

出ようと決意しました!!

 

どんな選手が来るか分かりませんが

精一杯頑張りたいと思います!!

 

ソフトボールと違って

個人の戦いなので

新鮮味があって

おもしろそうです!

 

ということで

先週からアクセルデッドリフトを始めてます~~

 

アクセルデッドリフトとは

まずアクセルというのは

直径が50ミリのバーのことです。

通常みなさんが使ってるバーは

直径28ミリの20kgバーなんですが

この50ミリがこれがまた面白いんです。

 

そしてこの大会のルールとして

アクセルデッドリフトのバーの高さが

地面から42.5センチ以内に設定するという

ルールなのですが

おそらく

42センチぐらいの高さで

やると思います。

インスタで見てても

その高さで練習してはるので、

 

でもこの微妙な高さ

見た目トップサイドデッドリフトで

一見めちゃめちゃ重量扱えそうやん

と思うのですが

実はこれ

めっちゃきついんです笑笑

ちょうど膝あたりの高さに

なるので

腰とバーとののモーメントアームが

最長になり

通常のデッドリフトより背中が丸まりやすく

お尻とハムの負荷が乗りにくいので

相当練習が大事になってきそうです。

 

先週初めてあの高さでやったのですが

まぁきついです笑

簡単に背中丸まってしまいました。

そしてバーが通常より太いので

その分身体から遠くなるので

なおさらしんどいです笑

 

ログリフトとは

ログリフトは

ストロングマンの大会では

必ず使われる

代表的な種目です。

ログという英語で丸太という意味なんですが

この丸太を頭上に持ち上げて

競うものです。

 

僕が以前に書いた

記事でも言ったように

いくらベンチでのショルダープレスや

スミスマシンが強くても

オーバーヘッドプレスが強くないと

挙がらないよっていうのは

まさにこのことです。

 

僕、一回だけシドニーのジムでやってみたのですが

体幹が強くないとほんまに挙がりません笑笑

 

ですのでこの種目は、ザ、ストロングマン

て感じですね(どの種目もそうなのですが)

 

今年は大阪で行われる

ほんまにたまたま

久しぶりに開いたツイッターで回ってきたので

しかも、開催地が大阪ということで

これは出ろっということやろと思い

エントリーしました。

これは運命や、と

 

ということで

当分はアクセルデッドリフトで

練習していきます!

 

 

 

最後に

ベンチプレスは楽しい_(:3 」∠)_