夏が終わり、寒くなる時期が近づいてますね~

寒い時期になると

「膝、腰痛いわ~」

て言うおばちゃんたちを

よく道頓堀で見かけます。

スポーツやってるそこのおっちゃんも

「しっかり身体温めなブチってやってまうで~~~」

と、やたらとアップしないと身体動かないですよね。

 

とりあえず余談はこのへんでおいといて、、、

 

そんな今日は

普段の「歩行」に焦点を当てて

今までちょっと歩くだけで

だるく感じてた身体を

めっちゃ楽にさせる

家でもできる

超簡単毎日60秒運動を

シェアしたいと思います。

 

バンドを使うだけ

通勤、通学、電車の中

歩いたりずーーっと立ってたり

人間は健康である限り

歩きます。そして

電車の中でじーーーーーっと立ってます。(たまに座ったり)

ほとんんどの人が

腰、膝、首しんどくなると思います。

あと、デスクワークとか。

1日の疲れは

こういったことから

生じます。

では、この1日の疲れが

溜まりにくくなる身体を作るには

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

こたえは簡単

それはバンドを使ったお尻の運動です。

これをするだけです。

因みにオーストラリアでは

ごく普通にみんなやってました。

 

最初らへんはとばして、動画の6分55秒から始まる運動をやるだけです。

動画では横向きにステップしてますが

斜め後ろ方向が良いです。

この運動を

片足15回ずつ行います。

そしてもし広い場所が確保できるなら、

10分20秒から始まる運動を

片足15ステップずつ行えばより良いですね。

でもこれだけで結構きついです。

 

なぜこの運動なのか

もともとヒトは

昔4足歩行の猿でした。

そこから何がどう変化していったかというと、

体幹やお尻の筋肉が発達したことにより

今の2足歩行に進化したんです。

特に重要な部分は

このお尻の部分。

筋肉の名前でいうと

代表的なのは

大殿筋と中殿筋という筋肉ですね。

 

こういった歴史をみてみると

お尻の筋肉の大事さがなんとなくわかって頂けたかと思います。

 

ではなんで今現在、お尻を鍛えないといけないかというと

ずばり、

座る機会が多くなってしまったからなんですね。

勉強やパソコンでの作業で

だらりと座ることにより

身体の安定性が欠けてしまい、身体はどんどん弱くなります。

すると、お腹を突き出して、胸部や腰の部分に

体重をかけている状態になります。

すると、

足の付け根の前側にある筋肉が弱くなり、姿勢が前に傾いて

その結果お尻の筋肉(以下、殿筋)が衰えてしまうんです。

 

 

日本人の腰痛が多い理由はまさにこれ。

お尻がちゃんと使えてないことにあるんです。

 

殿筋が衰えてしまうと

膝が痛くなる

腰が痛くなる

背中がだるくなる

首がだるくなる

頭痛

といった症状がでてきてしまいます。

 

また、このような姿勢が悪化すると

下肢帯交差性症候群という機能障害になってしまう可能性もあるんです。

 

これらの姿勢を改善するためには

上記の

バンドを使った60秒運動なんですが

ではどのような効果があって

何がどのように変化するのか

具体的に書いていきましょう。

 

神経系を発達させる

世間で知られている

【筋トレ】というのは

「筋肉を大きくするという行為だ。」

という概念が強いように感じます。

しかし、今回のトレーニングは

お尻を大きくするのが目的ではありません。

日本でも、このバンドを使ったトレーニングは

youtubeなどで紹介されてますが

そのほとんどが”ヒップアップ”が目的です。

 

今回の目的は

神経系を発達させ、ターゲットとする筋肉を呼び覚ます

ということです。

 

このバンドを使う運動をすることによって

脳が神経をしっかり伝達させ

歩く際に殿筋をしっかり活動させるようにするんです。

決して筋肉を大きくするのが目的ではありません。

 

殿筋が歩く動作をさせる

ちょっと専門的な言い方になるんですが

 

歩く際にかかとが地面に着いた瞬間、

これ以上上半身が前に倒れないように

殿筋がアイソメトリック収縮してるんです。

お尻に手を当てて歩くと分かると思うんですが

着地した瞬間に殿筋は「カチ」っと硬くなります。

 

要は着地の瞬間にお尻の筋繊維が

それ以上伸びないように同じ長さを維持して、

さらに着地時に受けた衝撃を吸収し

それを反発させて前に進んでるんですね。

 

 

これだけ殿筋は重要な役割をしてるんです。

 

殿筋は、2足歩行であるヒトにとって欠かせない筋肉です。

 

効果は充分ある

僕も、これを実践してみて

だいぶ経ちますが

全然違います。

(というかもっと前にスクワットを教えてもらってから

すでに違いますが、、)

まず、歩く際では

勝手に前に進んでるような感覚があり、

今までは

腰や背中など

身体全体に負担がかかってたんですが

しっかり股関節まわりで歩けてるような

感じがします。

まるで誰かが後ろから押してくれてるかのように、自動的に前に進む感じです。

おかげで身体のだるさは前と比べて

めちゃめちゃ楽になりましたし

勝手に姿勢も良くなったんです。

 

また身体のだるさは、

前向きに考えにくくなり

気分さえもだるくなってしまいます。

 

 

 

そこのおっちゃんおばちゃん、

よく歩く学生さん、

膝痛い、腰痛いっていうあなた

是非試してみてください。

めっちゃ変わります。

「歩き疲れた」という言葉、なくなります。