前回の記事では

リブフレアの主な症状とそれを治す方法について

書きました。

今回はその後編で

リブフレアになると起こる

上半身の関節の障害以外の機能障害と

歩行がどう変わってしまうのか

についてお話したいと思います。

 

前屈できない人、硬い人

リブフレアは肋骨の外旋状態であり

横隔膜がうまく収縮しなくなることで

常に胸式呼吸になり

腰、首のだるさや肩関節の可動域制限

運動パフォーマンスダウンといった

症状がおこるというのを前回お話しました。

 

実はそれだけでなく

肋骨が引きあがってることにより

体幹が若干ロックがかかってしまい

身体を横に捻ねる動作に制限がかかったり(胸椎回旋の制限)

前屈しても地面に手がつかなかったりします。(腰椎屈曲の制限)

要は、胸椎、腰椎などが自由に動きにくい環境になってしまってるんですね。

 

結論はリブフレアになると3面の運さえも制限されてしまうのです。

(3面の運動の説明は下記)

 

前屈が硬い人の特徴は

足の後ろ側の筋肉(ハムストリングス)やお尻の筋肉が硬いのですが

ハムストリングスも殿筋も硬くないのに

なんで手つかないんだろう、ていう人は

これに該当します

リブフレアです。

 

 

ヒトの運動面

ヒトは歩くときにせよ走るときにせよ

3面という運動面で動いています。

それが矢状面、水平面、前額面です。

「前額面」の画像検索結果

(出展https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159815497

矢状面は身体に対して垂直の面、

前額面は身体に対して並行の面

水平面は身体を捻る運動のことを言います。

ヒトの歩行は、

手を前に出して、足を前に出す動作が矢状面

足が後ろから前に出すときに若干横方向に移動しながら(半円を描きながら)前に出る運動が全額面

足が前に一歩出るとき胸椎が横向きに回転しながら手が前に振り出される運動が水平面になります

要は、ヒトや哺乳類はこの横、前、水平の運動が3つ合わさってそれらが機能しあって歩いてるんです。

もちろん走るときもそうです。

ですのでどれか一つの機能が衰えると

身体のあらゆる部分を痛めたり機能障害になったりするんです。

因みにサメは、全額面だけの動きなので

いるかより泳ぐのが遅くなります。

これを理解してから次に行きましょう。

トレンデレンブルク徴候とデュシェンヌ歩行

 

3面の動きが制限されてしまうと今度は、重心移動(前額面)ができなくなってしまいます。

例えば歩くときに、左足が地面についていて右足を前に出すときに

骨盤の右側が沈んでしまうのです。

言い方を変えれば

お尻がやたらと左に突き出しながら歩いてる状態になります。

要はしっかり体重移動ができずに、骨盤が抜けてしまうんですね。

この現象をトレンデレンブルク徴候と言います。

さらに、立脚側に身体が振り子のように傾きながら歩く現象を

デュシェンヌ歩行と言います。

 

「デュシェンヌ 歩行 」の画像検索結果

(出展https://blog.goo.ne.jp/takahisa0705/e/c3bc95302be91c8a414ff37c66c0c968)

下の動画はトレンデレン徴候とデュシェンヌ歩行が一緒になってるものです。

 

特におじいちゃんおばあちゃんで良く見ますが

たまに、こうやって歩いている若者もいます。

 

これらの大きな原因は

リブフレアで3面の運動機能が衰え

Coiling Coreの機能がしっかり使えない状態になってしまうということです。

ではそのCoiling Core とは何なのでしょう?

 

背骨からエネルギーを産むようにする(Coiling Core)

Coiling Core(コイリングコア) というのは

全ての面が合わさって動く

ヒトの持ってる力を生み出すアスレチックパワーのことを言います。

日常生活において、めっちゃ大事なパワーです。

例えば走るときに、左足が着地して右膝が挙げられた瞬間

背骨は右ひざの方向に回転します。

その反対も同じです。

ウサインボルトや、速いランナーほど、この背骨の回旋がダイナミックで鋭いです。

この動き、パワーがCoiling Coreです。

これらを鍛える方法は以下の3つです。

 

仰向けになって横隔膜呼吸を行いながら

足を上に保つ Breathing 6month position.

実は横隔膜は腸腰筋(足の付け根らへんについてる筋肉)

と引っ付いてるため、リブフレアにより上に引っ張られた

横隔膜と腸腰筋を戻すために

腸腰筋を鍛えるための運動です。

それをしながら横隔膜呼吸をするんですんね。

これは家でできます。

上の運動ができたら次はこれです。

この動画の36秒から40秒の間にでてくる女性の運動です。

動画が見つけられなくてすみまんせん。m(__)m

この運動を3ステップローテーションと言います。

このような黒いバットじゃなくてもプレートやダンベルでできます。

 

そしてもう一つ紹介したい運動があるんですが

動画で見つけれず、また自分で動画とるので

近々アップさせてもらいます。

 

 

以上が、リブフレアが起こる原因や現象、機能的な問題と

その改善方法についてでした。

些細な精神的な問題や環境の不適応で、こんなに身体が変わってしまうんですね。

毎日本当に勉強になります。