約1か月ぶりの投稿です。

 

最近のスクワットなんですが

また新たに良い発見がありました。

そう、それは

股関節をより外旋させながらしゃがむと、より重心が安定し

重量も軽く感じるようになるということです。

 

今までのスクワットは

前後にぶらつきがあり

最後の1レップで腰が丸まってしまうような

なんとも無様なスクワットでした。

その理由を、今までは「体幹が弱いからだ」

と決めつけてたんですが

どうやら、スクワットをする際の膝の向きにも原因があったようです。

 

膝をより外側に向ける

上から下にしゃがみにいくときに

今までより膝を外側に向けながら

しゃがむというスクワットです。

 

なぜ膝を外側に向けると重心が安定したのかというと、

バーからのモーメントアームが短くなったことが

一番の原因だと考えます。

要は、バーから膝の距離や腰の距離が短くなった事により

重心のぶらつきも抑えられより安定したということです。

以前のスクワットは

膝が優先的に屈曲されることにより

股関節の伸張反射がうまく使えない状態、

またそのことにより

立ち上がる際に重心がぶらつきやすい

といった状態になっていたため

自分にとって不利なフォームでスクワットしてたんです。

 

 

結局は股関節の柔軟性が大事

今回の発見は、今までより股関節の外旋を行うことにより

スクワットもしやすくなり重量も軽く感じたということです。

でも、そのためには股関節を普段から柔らかくしておく

必要があると思います。

今回はこんへんで!