バッティングやゴルフの飛距離アップのためには、股関節伸展筋という動作の際に働く筋肉(殿筋やハムストリングス)を鍛える必要がります。
今までの記事では、デッドリフトしかシェアしてませんでしたが、実は他にもいっぱい種目があります。
その中の一つを紹介するのが、ケトルベルスイングという種目になります!
     👇👇👇
この動画では、主にケトルベルスイングの基本動作や注意点ポイントなどを話していますが、
もう少し付け加えて話そうと思います。
動画のように、股関節を伸展するとき、ケトルベル(以下ケトル)が前にでます。
そのときの股関節の動きは伸展だけでなく、実は外旋も行われています。
そして股関節が屈曲されるとき、同時に股関節は内旋されます。
要は簡単に言うと、脚の骨(膝上から脚の付け根にかけての骨)が内に外にくるくる回ってるんですね。
ですので、ケトルのスイングではただケツを後ろに出したり戻したりするという動作ではなく、
くるくるまわりながら伸展屈曲をしてるので、動作的には一応3Dの動きをしています。
股関節の曲げ伸ばしだけでは簡単にできると思います。しかし、そこに股関節のくるくるを加えるのは、練習しないとできないと思います。
でも、これができると、普通の曲げ伸ばしと比べて更にパワーを生み出すことが出来ます。
意識としては(動画にも言ってあるんですが)足の裏で新聞紙を外側に破るようなイメージです。
そしてお尻を後ろにプリっとするときの意識としては、お尻を天井に向けるのと母指球で地面を踏んばります。
そして呼吸は勢いよく「フッ!」や「ツッ!」のよう吐いてあげます。
最初は難しいかもしっれませんが、なれるとケツにむちゃくちゃ入りますので、是非とも試してみてください。
また、デッドリフトを行うときにも(呼吸以外の)これらを意識してもらうと良いです。
メニューの組み方は様々ですが、一つ例を挙げるとデッドリフトと同じ日にデッドリフトの後にやると良いでしょう。