ケトルベルで行うスイングという動作は、主に股関節のパワーを使ってケトルベルを動かします。

 

これを行うことにより、股関節周りの筋肉であるお尻の筋肉やもも裏の筋肉、また腹筋も鍛えることが出来ます。

 

また、野球でいうとバッティングの飛距離アップにつながります。

 

このワンハンドケトルベルスイングの注意してほしいポイントは

まず、背筋は真っすぐに保つことです。

背筋が曲がってしまうと、腰をケガしてしまいます。

 

また、腕でケトルベルを振り上げないことです。

腕で挙げると肩のトレーニングになってしまいます。

このトレーニングの目的は、股関節のパワーを鍛えるものです。

そして、パッキングという形も忘れてはいけません。

これは言葉で説明しにくいのですが、この形が抜けてしまうと上手にスイングができません(詳しくは動画にあります)

 

ポイントとしては、股関節をしっかり曲げて、振り上げる際はしっかり地面を蹴るようにすることです。

 

これらを意識して行ってみてください。