デッドリフトで一番大事なのは

腰が曲がらないようにすることです。

そのためには、もも裏の筋肉やお尻の筋肉の強さも必要ですが、それ以前にまず腹圧を高めることが一番重要になります。

 

そもそも腹圧というのは、息を吸うことで横隔膜が下に下がり胴回りの3つの筋肉がギュッと固まることで圧は高まります。結果腰が曲がりにくくなります。

しかし、日本人のほとんどは、肋骨が通常より開いているため、いくら息を吸って横隔膜を下げようとしても、横隔膜は下がらなくなってしまうのです。

 

結果腰が曲がってしまうということになってしまいます。

 

従って肋骨を閉じてあげる呼吸法をウォーミングアップの最初に行う必要があります。

やるとやらないとでは全く違いますし、デッドリフトのパフォーマンスも変わってきます。

その呼吸法はこちらの動画になります。