TRXは、黄色い紐のようなトレーニングツールのことで、どの種目も体幹を必ず使うのです。

 

王道なのが、胸の筋肉を鍛えるチェストプレスというやつは、胸の筋肉を鍛えるものなんですが、実は体幹のほうがめちゃくちゃ使います。

 

理由は簡単で、腕立て伏せと比べると腕立て伏せは地面に手をつけてるので手の部分は安定していますが、TRXはまず手を支える部分が地面ではなくハンドルになるのでかなり不安定になります。

 

従って胸の筋肉というよりかは、姿勢が崩れないように腕の筋肉がプルプルしながら働きます。

 

そこからさらに足を片足にしてチェストプレスをすることでもっとバランスが必要とされるため、より体幹が鍛えられます。

 

その代わり、胸の筋肉を鍛えるのなら当然腕立て伏せのほうが効率が良いです。

 

ただTRXの良いところは今まで安定できてたトレーニングが不安定になることで、ものすごいバランス力が必要になります。

 

 

プランクというトレーニングがあります。

体幹トレーニングといえば、これを選んでしていた人も少なくはないでしょう。

しかし、これもつま先が地面につくことで安定しているので、体幹を鍛えるためにそれを行うのは効率が悪いです。

そこでTRXの黒い輪っかの部分に足を引っかけてプランクを行うことでより不安定要素が入り、体幹を鍛えることができます。

しかしそれだけではありません。

TRXの醍醐味はここからで、足を引っかけてプランクの準備ができたら肘を地面について肘を伸ばすのです。

このトレーニング種目を「ボディソー」(Body saw)といいます。

 

これは冗談抜きでむっちゃくちゃキツイです

 

個人的には、TRXでの体幹トレーニングの中で、一番キツイトレーニングだと思っております。

 

もし、、この動作が簡単だという場合は、片足のみ引っかけて行ってください。

僕のYouTubeチャンネルはこちら

僕のチャンネルでは、「より動ける身体をつくる」トレーニングや、「効率良く身体を使って強くなる」ためのトレーニングなどを発信しています。

 

もしよかったらチャンネル登録よろしくお願いします!!